インターネット選挙戦略研究所

インターネット選挙戦略研究所
政治家のためのインターネット活用コンサルティング/選挙対策/コスト削減/業務効率化

インターネット選挙戦略研究所
メニューを開く

入力フォーム最適化はとても重要

支持者獲得に効果的なメールマーケティング

有権者に入力してもらうのが「入力フォーム」です。

※フォームの呼称は「登録フォーム、webフォーム、メールフォーム」など様々ですがここでは’入力フォーム’で統一します。

この「入力フォーム」は重要なわりに意外と軽視されているように感じます。
というのも入力途中で離脱されるているケースが思いのほか多いからです。

実際に入力フォームの離脱率を調べると70%以上というのはザラで90%というケースもそこそこあります。 幾つかの調査データをみると平均離脱率で70%を超える、という驚きの報告もあります。

見込み客がその気になって登録をしようとしても、登録フォームに問題があるばかりに入力途中で離脱されてしまう・・・というのは、いかにももったいない話です。

このフォームの問題というのは別にシステム的なことでなく、例えば「入力項目が必要以上に多い」「ナビ機能がなく入力が面倒」というような’ちょっとした’ことです。

この入力フォームの改善はwebマーケテイング全般に対して思いのほか効果があります。

というのもホームページへのアクセス数を倍にするのと、入力フォームでの離脱率を半分にするのは結果として同じ効果をもたらすからです。
例えば入力フォームでの離脱率を80%→40%に半減できれば、同じアクセス数で倍の潜在支持者を集めることができます。

別の見方をすれば、入力フォームでの離脱を40%にできれば、以前の半分のアクセス数で同じコンバージョンを得られると考えられます。

名簿集めのための広告費用が半減できると考えれば、その重要性を納得できると思います。

さて、入力フォームの離脱理由は「入力方法が面倒、入力項目が多すぎる、判りづらい」など様々です。

この入力フォームの改善にあたっては、まずは離脱の実態を効果測定して把握し、フォームの改善をしその効果をさらに測定して改善する、といういわゆるPDCAサイクルを回して最適化していくことが重要です。

この取組みをSEOになぞらえて、EFO(Entry Form Optimization エントリーフォーム最適化)といいます。

ちなみに政治家向け「メール商人」の入力フォームにはこのEFOに簡単に取り組めるように、入力途中の離脱率の測定や、入力フォームの入力ナビゲーション機能を標準で装備しています。

入力フォームの改善はwebマーケティングに大きな成果をもたらします。?
ぜひ、取り組んでいただきたいと思います。

執筆: 神田良治 「知らなきゃ損 メール配信講座」より

監修:戸川大冊