インターネット選挙戦略研究所

インターネット選挙戦略研究所
政治家のためのインターネット活用コンサルティング/選挙対策/コスト削減/業務効率化

インターネット選挙戦略研究所
メニューを開く

ソーシャルメディア運用

twitter, facebook, mixi…日本の政治家にとって最も効果があるのは?

「ソーシャルメディア」抜きにして、今のインターネットを語ることはできません。

公職選挙法が改正されて、選挙期間中でもインターネットが使えるようになりました。しかし、インターネットメディアが全面的に解禁されたわけではありません。ホームページをはじめとしたWebに関する規制は全面的に撤廃されましたが、メールに関しては一部の規制が残っています。 そのため、選挙においてはホームページ以上にソーシャルメディアによる情報拡散が注目されています。

?ホームページだけでなく、facebook,twitterなどを中心とした数々のソーシャルメディアを、どう活用すればよいのか?新聞報道などでは見えてこない、「実際に活用した結果、票に一番つながるのはどれか」というノウハウを私たちは持っています。

欧米など先進諸国でも、政治活動へのSNS活用は必須となっています。国内でも、既に2011年の統一地方選挙で、SNSの活用レベルがダイレクトに選挙結果に反映さる事例が増えていました。 2013年の参議院議員選挙で解禁される以前から、選挙運動におけるSNS運用に関するノウハウを蓄積しております。

SNS運用はアウトソーシングすべき

数々のソーシャルメディアを一人で管理するのもまた膨大なリソースを消費します。候補者本人や秘書の方が行うべき一番のことは、「地上戦」です。最重要な政治活動又は選挙運動に費やすべき貴重な時間を確保するためにも、ホームページやソーシャルメディア運用をアウトソースすることは必須です。